歌をおくろう

プレイヤー

QRコード

携帯電話からアクセス
クリックで拡大します
URLをメールアドレスに送信

RSS RSS

THE CHESS




「マッターホルンの天使」

みんなはもう 待ちくたびれた
「凍えるために生まれたんじゃない」

昔の話さ 春がくる前に
マッターホルンから降り立つ

風が吹いてきたから
もうすぐここに来るよ
僕には聴こえるんだメロディ 
あいつの歌うメロディ

みんなが何も 気付かないのが
僕にはすごく 不思議だったよ

僕は目が見えないけど みんなよりも
わかることがあるのかも

春はもうすぐ来るよ
あいつが連れて来るよ
あの子にも教えなくちゃ
もう安心していいよ

そろそろあの子が帰る時間だみんなはもう 待ちくたびれた
「凍えるために生まれたんじゃない」

お父さんが昔 教えてくれた
マッターホルンから降り立つ

風が吹いてきたから
もうすぐここに来るよ
僕には聴こえるんだ
メロディ あいつの歌うメロディ

春はもうすぐ来るよ
(春は来るよ)
あいつが連れて来るよ
(あいつが来るよ)
あの子にも教えなくちゃ
(教えなくちゃ)
もう安心していいよ


作詞 赤羽一成 / 作曲 THE CHESS



vol.5収録
「Change the world」

さあ目を覚ませよ
あの娘を迎えにいけよ
あんなにくよくよしていたね
そんなときもあったね

僕は聞いたよ
あの娘は君に夢中だってさ
すこしばかり頼りないけど
君だけが優しいって

それは昨日 あの娘に聞いたんだ
確かに聞いたんだよ
それは今 あの娘が君だけに
送れるだけのメッセージ

そうさChange the world
それは天国みたいに広いだろう
あの娘の天使は君だけに夢中なんだよ

さあ 勇気出せよ
これからひっくり返しちゃうんだよ
そういう僕も怖いものは
たくさんあるけどね

だから今 あの娘が見えるんだ
照れながら笑ってるんだよ
ちょっとだけど あの娘の真心が
僕にもわかる気がするんだ

そうさChange the world
花びらよどこまでも飛んでゆけ
あの娘の天使は君だけに夢中なんだよ

それは昨日 あの娘に聞いたんだ
確かに聞いたんだよ
それは今 あの娘が君だけに
送れるだけのメッセージ

そうさChange the world
それは天国みたいに広いだろう
あの娘の天使は君だけに夢中なんだよ


作詞 赤羽一成/作曲 THE CHESS



vol.4収録
「walking’ in the night」

Oh 僕らはいま
2人だけさ そう2人だけさ 
Oh 邪魔者なんて
もういないさ どこにもいないさ
Oh 今夜は2人で
遠回りして歩いて帰ろう
もう涙は拭いて ゆっくりと歩いてゆこう

walking’ in the night
夜がやさしく包んでいるよ
walking’ in the night
2人で一緒に歩いていこうよ

Oh かなしいことは
もう過ぎ去ったのさ
だから Baby
振り向いちゃだめさ
もう何も心配ないよ

walking’ in the night
これから一緒に見にいこうよ
walking’ in the night
きれいな夢を見にいこうよ

作詞 赤羽一成/作曲 THE CHESS


vol.3収録
太陽系のむこうがわ

ぼくが話しをする
きれいな夜に会える
冷たい流れ星が
暗闇を切り裂いている

太陽系のむこうがわ
太陽系の裏から
いつかはねって温めあった
声が叫んでる

太陽系の内側
みんなの足の下から
明日を違ったものにする

きみが歌いだせば
ぼくにはそれが見えた
沈むことの無いその愛で
話しを進めているのさ

太陽系のむこうがわ
太陽系の裏から
いつかはねって温めあった
声が叫んでる

太陽系の内側
みんなの足の下から
明日を違ったものにする

Oh

太陽系のむこうがわ
太陽系のむこうがわ
そこがきみを待っている
そこがぼくを誘っている

太陽系の内側
みんなの足の下から
明日を違ったものにする

ぼくが話しをする
きれいな夜に会える
冷たい流れ星が
暗闇を切り裂いている


作詞 赤羽一成/作曲 THE CHESS


vol.2 収録
「最終列車にのって」


温めただけ 動き出しただけ
穏やかなランプが光ってる
夜霧の前で ひろがる両手で
つぶやいたらどこまでもいけるよ

ハレルヤ今夜のために
最後のレールの上のって

カーテンを飛び越え 消えないリズムで
ぼく達は眠れずに起きてる

ハレルヤぼくらのために
寄り添う合図のせていって

最終列車にのって
きみの街へいくんだ
ララルララ そこできみが待ってる

最終列車はしれ
夜を越えて走れ
ぼくはいまずっと 近づいてく

きみとぼくとで 知らないフリして
閉ざされた大地へ歌ってる
夜霧の前で ひろがる両手で
つぶやいたらどこまでもいけるよ

ハレルヤ今夜のために
最後のレールの上のって

最終列車にのって
きみの街へいくんだ
ララルララ そこできみが待ってる

最終列車はしれ
夜を越えて走れ
ぼくはいまずっと 近づいてく


作詞 赤羽一成/作曲 THE CHESS


vol.1 収録
「スタンドバイミー」

陽だまりの中からきみを見てるよ
望遠鏡のぞかずにきみを見てるよ
そうやって満たされて泣きそうになったら
愛が遊びにくるよ

スピードにのっていこうよ
ころがりあっていこうよ
明日なんか見ないでキスをしようよ
ばらの花かかえて胸が痛いから
きみの手をにぎるんだよ

Oh スタンドバイミー
スタンドバイミー
いいことしようよ
スタンドバイミー

秘密が芽生えて世界が見えて
ぼくの窓辺でかもめは飛んで
さよなら真夜中また会う日まで
きみと嘘をつきたい

スピードにのっていこうよ
ころがりあっていこうよ
明日なんか見ないでキスをしようよ
他に誰も見えない知らない場所まで
きみを連れて行くんだよ

Oh スタンドバイミー
スタンドバイミー
ぼくのものだよ
スタンドバイミー

いまどこかへ
二人で行こうよ
スタンドバイミー

スタンドバイミー


作詞 赤羽一成/作曲 THE CHESS
http://www.thechess.net/